おひとりさま探検隊

おひとりさま・ぼっち中心の情報発信

怪しい?「仮想通貨」。その取引所紹介。

ビットコイン。仮想通貨。多分、聞いたことはあるけど、よくわからない、あるいは、怪しい・危ない、と思っている人が、多いのではないでしょうか?

私も、よくわかりません。少々勉強しましたが、やっぱりわかりません。

わからない → 怪しい・危ない。

そう思うのが当然です。思わない人は、詐欺に遭い易い人かも。

つい最近、「ビットコインは中国政府が管理している」と言う人がいました。頭のいい人なんですが、幾ら何でも、それはないでしょうが・・・。

わからないものは、わからない。

でも今、どうなっているかという、事実はわかります。

↓ コインチェック取引所のアプリから。

一年前、1ビットコイン83963円。

2017年11月23日現在、907900円。

何と、10.81倍!!

今、郵便局の定額貯金の金利は、年0.01%です。単純計算で、約十万倍の差があります。なんじゃそりゃ・・・。

確かに、郵便局の安全性は、抜群です。ビットコインは、不安定。でも、十万倍もの違いは、大き過ぎると、個人的には思います。(実際には、分裂したビットコインキャッシュを加えるべきなので、差はもっと大きくなります。)

多少のリスクはあっても、やっぱり買っておこうかな!?

そう思うようになりました。いわゆる、「持たざるリスク」ですかね。後で、しまった、買っておけば良かった、とならないように。

しかし、怪しくないなら、どうして銀行が取り扱わないんだ?

そう思いませんか?私は、思っていました。

実は、これには答えがありました。

仮想通貨は、法律上は貨幣とは認められないので、銀行が取り扱うことは出来ない。のだそうです。

では、仮想通貨に興味を持ったとして、どこで買えるのか?

取引所、あるいは販売所という所です。取引所と販売所は、厳密には違うのですが、面倒なので、ここでは一緒くたにしてしまいます。

登録はどこも無料なので、いずれ儲かった時(笑)のことも考えて(リスク分散のため、1ヶ所に多額を置かない方がいい)、多めに登録しておくことをお勧めします。それぞれの取引所ごとに、特徴があります。本人確認に、大体、数日から1週間ほどかかります。

二段階認証も、全ての取引所で、初めからしておく方がいいと思います。

以下、ビビりなので信用取引やFXを全くやる気のない私の、とっても個人的なランキングです。

1. Zaif

ザイフ、と読みます。

・・・何か、名前が怪しい。ネルフ(NERV)に似てない?使徒に襲われるんじゃ??

調べてみると、コインチェック・ビットフライヤーほどの知名度はありませんが、まともな取引所でした。ご安心下さい。

大手ではありませんが、けっこう多くの人が、推薦しています。私も、イチオシの取引所です。

長所:仮想通貨の積み立てが出来る。手数料が安い。

短所:取引開始に時間がかかる。アプリが使いにくい。

相場の急変時にサーバーがダウンする場合があることを、短所とする人が多いけれど、短期でなくて中長期投資目的なら、むしろ長所かも。必然的に、慌てずに待つ、ということが出来てしまう(笑)。

本人確認および書類の送付に、他の取引所と比べて、ダントツに時間がかかる。これには、困ったものです。アプリも、イマイチ。

取り扱う仮想通貨は、BTC(ビットコイン)・ETH(イーサリアム)・XEM(ネム)・MONA(モナコイン)・BCH(ビットコインキャッシュ)。私には、これで十分!

コイン積立に対応しているのは、このうち、BTC・ETH・XEM・MONA。ビビりの私には、短期投資は向かないので、積み立てをします!

#2. コインチェック

2018年1月28日追記。2018年1月26日に起きたNEM大量流出事件により、コインチェックが、顧客資産の安全より、自社の利益を優先していたことが判明しました。また、この会社の言うことは信用出来ない。「セキュリティーは最優先でやっていた」・・・。そうでないことは明らかです。コインチェックが存続できるかどうかわかりませんが、人も会社も、そうそう体質は変わりません。応援する、と言う人もいますが、他にいくらでも選択肢があるのに、ここを選ぶべきではないと思います。

日本で仮想通貨の売買をする人のほとんどが、登録していると言われている取引所です。通称「CC」。私が最初に登録したのもここです。

長所:取り扱う仮想通貨の種類が多い。アプリが優秀。

短所:取り扱う仮想通貨の種類が多い。アプリが優秀。

ふざけんな!長所と短所が、一緒じゃないか!と言われそうですが。どういう事かと言うと、

種類が多いのはいいけど、目移りしてしまう。

これが、けっこう困るんです。

通貨の種類が多い(2017年11月現在13種類)と、どれかが急騰したり、急落したりが、よくある。

すると、チャートが気になる。

アプリが優秀なので、どこに居ても、スマホでチャートが見られる。ビットコインの1時間チャート・1日チャート・1週間チャート・1ヶ月チャート・1年チャートと見て、次にイーサリアム、次に、と13種類一通り見て。最後のビットコインキャッシュで終わればまだいいのですが、ビットコインは動いたかな、と最初に戻って、ループ・・・。いつの間にか、時間が経ってしまう。

なんてことになるかも(経験者は語る)。

また、アプリのチャート画面下部に、「売却」「購入」ボタンがあって、入金が済んでいれば、直ぐに買えるのですが、ちょっと待った!手数料高いよ!

ビットコインは、パソコンでログインして、取引所で指値で買いましょう。すると手数料無料(2017.11月現在)。

ビットコイン以外は、他の取引所で扱っているものなら、他所で買った方が手数料安い場合が多い。具体的には、ETHは、Zaif・GMOコイン。XRP(リップル)は、bitbank。XEMは、Zaif。LTCは、GMOコイン。BCH(ビットコインキャッシュ)は、Zaif・bitbank・GMOコイン。

3. bitbank

長所:手数料が安い。人気のXRP(リップル)が安く買える。

短所:アプリが無い。取引量少なめ。

日本円で買えるのは、今のところ、BTC・XRP・MONA・BCHだけ。ETHとLTC(ライトコイン)は、BTCで買うことになります。全て、指値で売買出来ます。

なお、bitbankとbitbank Tradeは、関連は有りますが、一応別です。bitbank Tradeは、ビットコインFX。私には、関係ありませんね。

4. bitFlyer

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

通称フライヤー。日本初のビットコイン取引所です。ビットコイン取引量日本一、とのこと。信用取引の量が多い。多数の大手企業から、出資を受けている。

長所:有名。資金豊富。なので、何となく安心感がある。

短所:アルトコインの手数料が高い。

アルトコインとは、ビットコイン以外の仮想通貨のこと。bitFlyerでの取り扱いは、ETH・ETC(イーサリアムクラシック)・LTC・MONA・BCH。なるだけ、他所で買いましょうね(笑)。

↓ なおついでに、bitFlyerの本人確認の葉書。字が小さ過ぎません?

こんなに小さくする必要、ないでしょ?スペース余ってるんだから。大したことではないけれど、利用者目線じゃないなー、と思いました。

5. BITPoint

長所:手数料が安い。仮想通貨の入出金手数料無料。

短所:なぜか知名度が低い。

けっこうおトクなキャンペーンを、形・時期を変えながら、続けています。現時点のキャンペーンは、確認して下さい。親会社は、東証上場の、リミックスポイント。東証と言っても、マザーズですが(笑)。

取り扱うのは、BTC・ETH・BCH(ここでの略称はなぜかBCC)。

6. みんなのビットコイン

長所:手数料が安い。仮想通貨の入出金手数料無料。

短所:資本金が少ない(3000万円)。

2016年12月設立で、まだこれから、という所でしょうか。資本金まだまだ少ないけれど、ちょっと前のデータでは、1500万円となっていたので、増えてはいます。取り扱いは、BTC・ETH・BCH。

7. GMOコイン(旧 Z.comコイン)

長所:手数料が安い。仮想通貨の入出金手数料無料。

↑ 販売所なのに、割と安く買えます。某CCさんやフライヤーさんより、安いようですよ。

短所:仮想通貨FXに力を入れている。

↑ ビビりの私には、FXはダメです。なので短所。普通は長所になるんでしょうけれど。24時間365日、取引出来るとか。何と恐ろしい・・・。

取り扱うのは、BTC・ETH・LTC・BCH。

ただ、最近、ここでFXトレードして大きく儲けた人の口座が、凍結されているそうです。凄腕の方は、お気をつけ下さい。私には、全く縁のないことですが・・・。また、狭いことを売りにしているスプレッド(売りと買いの価格差)も、会社が勝手に広げることがあるようなので、相場が大きく動いた時は、要注意です。

↑ この情報により、フライヤーより上にするつもりだったのを、国内の取引所で最下位にしましたが、通常は使い勝手のいい所だと思います。

8. Kraken

世界的な規模の取引所で、日本語対応が進んでいる所となると、クラーケン。

長所:世界的には大きい。セキュリティが強固。日本語対応が進んでいる。

短所:「プロフェッショナルな投資家のためのビットコイン取引所」← いきなりこう言われると、初心者は引くんじゃないか?

日本円で買えるのは、BTCとETH。手数料は、少額の投資では、安くないようです。

9. quoinex

長所:世界最大級の取引所。手数料安い。

短所:お知らせメール等、英語になる。

コインエクスチェンジ、と読むらしい。quoineで、コイン。exで、エクスチェンジ。主なところは日本語ですが、細かい所は英語になります。英語全く出来ない人には、向きません。

英語得意ではないけれど少しはわかる、くらいの人は、利用可能です。これからもっと、日本語対応が進むでしょうし。

取り扱う仮想通貨は、BTC・ETH・BCH。

世界最大級の取引所、だそうです。手数料も安いようです。英語オンリーは敷居が高いが、世界も気になる、と言う方は、登録だけでもしておいたら、いかがでしょう。

以上です。世界はもちろん、日本でも、まだ他に仮想通貨取引所がありますが、私の調べた限りでは、この位でいいかな?と思いました。この9ヶ所、私は全部、登録だけは、しておきました。どこをどのように使うかは、まだこれからですが、Zaifの積立は、ほぼ確定です。

念のため、投資は自己責任です。よくお考えになって下さい。