おひとりさま探検隊

おひとりさま・ぼっち中心の情報発信

ビットコイン評論家はビットコイン狼の夢を見るか?

どうも、すいんきょです。

訳のわからない題名で恐縮です。意味ありげでしょう?ビットコイン評論家達にふさわしい題名だと思うんです。ビットコイン評論家に関する、前回の記事はこちら。↓

www.botchikurashiki.info

今回も私が思ったことは、なぜビットコイン評論家達は、分かりもしないくせに、懲りずにビットコインの相場について口を出すのか?です。

2018年1月26日、コインチェック取引所から、大量のNEMが流出する、という事件が起こりました。私は、正直これで、仮想通貨およびその取引所に対する不信感が増幅して、仮想通貨全般が暴落するのではないか?と思いました。それであわてて、1BTC150万円で4BTC買っていたうちの半分、2BTCを、1BTC115万円で売りました。

ところが、少し下げただけで、その後は逆に戻していました。

やっぱり、相場の予想は難しい・・・、と思っていると、「コインチェックショックでもビットコインが崩れない理由」という題名の記事が目に入りました。

そう、それを知りたい!と、強く興味を引かれて、早速読んでみました。すると、

何と、その「理由」は・・・、「バブルだから」!!!

読めば分かりますが、ビットコインはバブルだ、という前提です。まあそれは、よく言われていることですが、

下がらないと「バブルだから」

上がったら「バブルだから」

下がっても「バブルだから」

・・・いくら何でも、酷くないか?何とかの一つ覚え??

狼少年の方が、まだましですよ!

そして、こういう人の常套手段、相場がどう動いても、言い訳出来るように書いている。つまり、相場がわからないんでしょ?この人自身、ビットコインではないのでしょうが、「積極的な投資」をしているとのことだけど、相場が予想出来て投資もしていれば、世界一の大金持ちになることだって可能なはず。

なぜ、こういう人達は、分かりもしないのに、相場のことを言うのか?

私の結論。こうやって、自分のことを知ってもらえるから。

正直に、「相場は分かりません」とだけ言ったのでは、どこからも取り上げられないでしょう。

「バブルだ、危ない」と言って、後は適当に水増しして、題名だけは良く考える。

そうすると、こうやって読んでもらえて、名前が売れる。学者や評論家って、「有名な」が付くか付かないかは、重要ですから。

つまり私も、こんな阿呆、あ、違った、狼おじさんの手助けをしていることになる訳だ。ああ、嫌だ。

正直者(「自分には相場はわからない」、と言う学者さん。いるのかな?)が馬鹿を見て、嘘つきがのさばる。世の中そんなもんだよ、と言われれば、そうかも知れないけれど・・・。

皆さん、せめて、こんな人達の言うことを鵜呑みにせず、ご自分の頭でよく考えて下さいね。学者や評論家に相場がわかるのなら、学者・評論家は皆、大金持ちのはずですよ。

さて、仮想通貨全体の相場が、その後もう一段下がって、80万円で2BTCの指値買いを入れていたら、約定しました。150万で買って115万で売って80万で買い戻した、ということになりました。含み損はありますが、手元には、4BTCと70万円があります。当分の間、Zaifでの仮想通貨積み立てを続けることが出来そうです。↓

www.botchikurashiki.info

最近の下げ相場でも積み立ててくれている訳ですから、相場が戻れば、大きな利益になります。楽しみです!暴落しても、積立してると、気が休まりますよ!

なお、コインチェックですが、2018年2月7日現在、存続出来るかどうか、まだ不透明です。流出したNEMの返金が存続条件の一つになると思いますが(返金しなければ被害者が存続を許さないでしょう)、返金出来たとすると、顧客資産の安全より儲けを優先して溜め込んだ利益によるものでしょうから、何か複雑です。

もし、コインチェックが存続したとすると、セキュリティの強化を強調すると思われます。生まれ変わった、みたいな言い方をするんじゃないでしょうか。しかし、人も会社も、体質はそうそう変わるものではありません。存続しても、近寄らない方がいいと思います。