おひとりさま探検隊

おひとりさま・ぼっち中心の情報発信

冬の石垣島と離島って、どうよ?

どうも、すいんきょです。

石垣島って、真冬でも泳げるのか?レンタサイクルで一周出来るんじゃ?とか、思ったことありませんか?または、真冬に本州から沖縄に行ったら、体調がおかしくなるんじゃないか、とか?

論より証拠。2018年真冬の2月、石垣島に3泊4日、行って来ました!

今回の「キテレツポイント」は、

  1. 真冬の石垣島で車中泊は可能か?

  2. どれだけ離島に行ける?

  3. ピーチ直行便で往復総額16830円!

  4. ベイシャトル利用で駐車場無料!

前回、仙台弾丸日帰りでも、神戸ー関空のベイシャトル利用予定でしたが、強風のため代替バスになってしまいました。↓

www.botchikurashiki.info

今回が、初ベイシャトルとなりました。前日に、ホームページで、通常運行予定と確認。深夜早朝は、ベイシャトル専用駐車場は入れない(出ることは出来る)しトイレも使えないので、また第二神明の名谷パーキングで車中泊。前回の代替バスは5:00発でしたが、ベイシャトルは始発5:30。4:30に起きて、出発です!

1日目:関空→石垣→黒島

「海上アクセス」という表示に従って、車はベイシャトル専用駐車場に置きます(神戸空港とは別)。始発5:30のベイシャトル。↓

船内で、駐車場無料の処理をします。↓

シャトルは、少し揺れました。船ですからね。

シャトルを降りて、連絡バス。第2ターミナル行きは、後ろのバスでした(第1ターミナルは、どちらのバスも行く)。

関空第2ターミナルは、6:20着。KIX-ITMカードにフライトポイントを登録して、7:45発のピーチ航空新石垣空港直行便に乗ります。朝の関空は、寒い!でもあと少しで南の島だ!

石垣島、見えた!

新石垣空港、到着!

しかし・・・、風が強くて、さ、寒い!

誰だ、冬でも泳げるって言ったのは!短パン・海パン持ってきたのに・・・。

毎日、大雪がニュースになる本州。石垣島にも、寒波は来ていました。平年より、3度以上寒いらしい。泳ぐどころではありません。

それでも、雨が上がったのだから(着陸前の機長のアナウンスは、「天候:小雨」だった)、良しとすべきでしょう。

今回の相棒は、ダイハツ・ミライース!3泊4日で、たったの6320円。ルフトトラベルレンタカー。

↓ 助手席がフルフラットになるか?同じダイハツのタントは、ならなかった。ミライースは、なりました!これに、持参のシュラフを使用。2000円位の、安いやつです。これで、足と宿が確保出来ました(笑)。

タントでの車中泊は、こちら、沖縄本島編。↓

www.botchikurashiki.info

さて、今から、どうするか?一番行きたいのは波照間島ですが、船に間に合いません。そもそも、波が高くて欠航だし。明日1日、離島めぐりの観光コースに参加することにして、今日は黒島!人より牛が多い島です。人は約200人、牛は約3000頭だそうな。2月には、その名も「牛祭り」という、牛一頭が当たるお祭りがあるそうですが、今日ではありませんでした。

船が出るのは、離島ターミナル。私は場所を間違えて、危うく乗り遅れる所でした。

↓ この船です。約30分。

↓ 黒島、着きました!

↓ ここで、自転車借りました。写真撮り忘れたけど、ごく普通の自転車。変速なし。黒島は、ハート形で、周囲約12km・アップダウン少ない。2時間のサイクリングに、ちょうどいい位です。

↓ 早速、牛と遭遇。

↓ 西の浜。ウミガメが来るらしい。水きれい。

↓ 仲本海岸。ここも水きれい。

↓ 灯台の手前で、海に続くと思われる道を発見。

一気に視界が開けて、爽快です!

↓ 灯台は、あまり人は来ていないようでした。

個人的に大ヒットだったのは、ここ伊古桟橋!国登録有形文化財、全長350m。

沖に向かって歩いて行くと、まるでモーゼになったようでした。視線は水平線を見つめて、「大波が来たら終わりだよな」と思いながら。ここが先端。↓

↓ 振り返ると、こんな感じ。

石垣島に戻って、冬は休業だけれど、利用者はいる(つまりタダ)、というネットの情報で、米原キャンプ場に向かいました。明るいうちに確認してから、市街地に戻って入浴、のつもりでしたが・・・。着くと、ゲートがしっかり閉じられていて、人の気配がありません。ショックで、写真撮り忘れました。

どうしようか・・・。石垣島には、道の駅も、SAもPAもありません。どこか適当な所はないか、と探しながら北上。もはや入浴どころではありません。と、ナビに玉取崎の表示。確かここは、日の出の名所。ということは、早朝から人が来る。ということは、駐車場・トイレは、早朝より早く、多分24時間。と考えて、行ってみると、ビンゴ!どっと疲れが出て、途中で買った弁当を食べて、早々に寝ました。寒波の石垣島ですが、安いシュラフでも良く眠れました。

2日目:豪華4島めぐり!西表島・由布島・小浜島・竹富島。

波照間航路は、第2・3便は、未定となっているけれど、欠航の可能性が高いそう。つまり、日帰りは出来ない。今日は諦めて、西表島・由布島・小浜島・竹富島の、豪華4島めぐり観光コースに参加しました。えらく長いチケット。端からちぎっていく。↓

16800円。関空ー石垣往復と、ほぼ同額です。

西表島、到着です!

↓ 仲間川のボートクルーズまでのバス。

西表島は、東洋のアマゾンとも呼ばれるそうです。見たことのない景色!いい天気!気持ちいい!

ボートクルーズの途中で下船して見た、サキシマスオウノキ。大きくて独特の形状で、見応えのある木でした。↓

↓ カヌーの人もいました。

次は、由布島。西表島から、水牛車に乗って行きます。これが人気なんだとか。水牛かわいい!

↓ 中から見た所。

↓ 日本最大の蝶、オオゴマダラ。花の蜜を上手に吸っていました。

↓ そしてオオゴマダラのサナギ!黄金色です!!テレビで見た記憶があります。

ここ由布島は、花が咲き、蝶が舞い、鳥が飛ぶ、まさに楽園!時間が短かったのが残念、もっとゆっくりしていたいと思わせる所でした。

次は、小浜島です。「ちゅらさん」の舞台だったらしい。見てないけど。船で渡って、バスで島内観光。

その途中、「はいむるぶし」というリゾートホテルで昼食。食事代はツアー料金に含まれています。

さとうきび畑が続く、シュガーロード。

ここが、ちゅらさんの家らしい。バス車内から。↓

次は、竹富島です。

島内バス観光は満員で、グラスボートになりました。

思ったほど、きれいじゃない?サンゴの白化現象で、以前のような鮮やかさではない、とのことでした。

この後、水牛車で、竹富島内観光。珍しい水牛車に、1日で2回(由布島往復を2回とカウントすると3回)乗ってしまいました。

竹富島、とてもいい感じの所です。また来て、自転車でゆっくり周ってみたい。

1日で4島巡るのは、あわただしいけれど、ツアーだと効率がいいのも確かです。1日、盛りだくさんで、満足しました。

さあ、石垣島に戻ったら、今日は入浴しないと!昨日、アートホテルの優待券を、離島ターミナルで見つけていました。↓

ネットでは、ホテル日航八重山のお風呂を勧めるブログがありましたが、1600円と高い。「そんな高級ホテルじゃなくていいよな〜」と思いながら、ナビでアートホテルを設定すると・・・、何と、元は日航八重山じゃないですか!

流石に、いいお風呂でした。サウナ有り。大小タオルレンタル付。優待券(有効期間は3月末まで)で1000円で済んだので、ラッキーでした!

この後は、また弁当買って、玉取崎で車中泊しました。

3日目:有人島日本最南端、波照間島!

ようやく波がおさまり、波照間航路、平常運行!明日は飛行機の時間から無理なので、今日しかなかったのです。やった!!行くぞ!!!

↓ けっこう大きな船です。

凄く揺れる、と聞いていて、酔い止めの薬を買っておいたのに、車の中に忘れてしまいました。行きは、船が大きいせいか、大して揺れなかった。でも帰りは、船が小さいからか、かなり揺れました。酔い易い人は、酔い止め必須でしょう。こちら強力酔い止め薬。↓

波照間島、到着です!

↓ バイクにするかどうか迷ったけど、結局レンタサイクル。

↑ 3時間500円で、6段変速が付いていたので、お得だったと思います。波照間島は、けっこうアップダウンがあるので、変速無しはちょっとキツイ。この日から寒波が緩んで、少し暑かったし。

↓ ニシ浜。まさに波照間ブルー。超美しい!しかし、写真はこの2枚だけ。3時間あるから、最後にまた来てゆっくりしよう、と思ったので。時間余らなかった。

↓ サンゴの浜。どこかわからなくて、地元の人に尋ねた。知らないと、行きにくい。でも、行く価値あり!

↑ 小さい浜ですが、サンゴで埋め尽くされています。凄い!感激しました。

↓ペムチ浜。広々として、とてもいい所ですが、誰もいません!

↓ ついに来ました、日本最南端の碑!

↓ 最南端の碑からさらに南。風と波が強くて、ちょっと危ない。

↓ 帰りの船。行きより小さい。かなり揺れました。船の大きさで、揺れが違うようです。

↓離島ターミナルの、具志堅用高の像。

残りの時間で、石垣島内観光。なお石垣島は、周囲162.2km。レンタサイクルでは周れません。

↓ 有名な川平湾。美しい。

↓ 御神崎。

↓ フサキビーチ。夕日の名所。今日は雲で見えず。

さて、今夜はどうする?3泊同じ所、は避けたい。実は、川平湾に行く前に、バンナ公園という所を下見しておきました。石垣市街地から近い、大きな県営の公園です。その中の、ここで車中泊しました。↓

↓ トイレあります。夜は照明が消えますが、センサー式で、一歩入ると点きます。

昨日と同じくアートホテルで入浴して、弁当買って、ここで寝ました。よく眠れました。

4日目:石垣→関空

最終日。時間の限り、石垣島内観光。

5時に目が覚めて、すぐに北へ。端っこに行かないと、気が済まないすいんきょ。石垣島最北端の平久保崎に、6時に着きました。

まだ真っ暗なので、しばらく車内で待機。ここも、24時間らしきトイレがあり、飲み物の自動販売機まであります。車中泊可能。但し、最果て感は半端ない。風の音が強い。定期的に、山肌が光る。灯台の光だと気付くまで、凄くビビりました。

7時が近くなると、少し明るくなって来ました。↓

南に戻って、2泊お世話になった、玉取崎。暗くなってから着いて、朝は急いで出発していたので、全然わかってなかったけど、こんな所でした。↓

↓ 白保海岸。

白保海岸は、観光地ではないようで、道がすごく狭いし、駐車場も少ない。それでも行きたかったのは、ここが、日本のウユニ塩湖と言われるうちの一つだから。今まで、2ヶ所行ってるんですよ。

その内の一つが、沖縄本島の、テダ御川。但し、条件悪く、鏡のようにはなってなかった。(4日目参照)↓

www.botchikurashiki.info

もう一つが、香川県の父母ヶ浜(ちちぶがはま)。こちらは、条件のいい日を狙って行ったので、それらしい写真が撮れています。↓

www.botchikurashiki.info

白保海岸は、今日は条件は全然良くなくて、ウユニ塩湖のようには見えませんでした。でも、三ヶ所目に来た!ということで、納得。いい時はこちら。↓

retrip.jp

↓唐人墓。

↓観音崎灯台。

石垣島も、それなりに周れて、満足して帰路につきました。

車中泊は、半分意地でした。石垣島は、車中泊には、向いているとは言えません。特に、お風呂がネック。逆に言うと、冬以外の水シャワーで済む季節は、可能ではあります。

石垣島のパンフレットは色々ありますが、これが、無料なのに各島の地図や情報が充実していて、早目に手に入れると役に立つと思います。色んな所に置いてありました。↓

3泊4日で、石垣島も入れて7島行きました。どこもそれなりに良かったけれど、一番印象に残っているのは、やっぱり、波照間島。ギリギリ行けた、というのもありますが、美しい海・浜。最南端らしい暑さ。宿泊して、星を見るのもいい、と思いました。由布島と竹富島は、次行く時は、是非時間を取って、ゆっくりしたい。

真冬で寒波の石垣島でしたが、体調も良く、楽しい旅でした!