おひとりさま探検隊

おひとりさま・ぼっち中心の情報発信

佐多岬に弾丸日帰り、雄川の滝に感動!

どうも、すいんきょです。

2018年4月、本州最南端鹿児島の佐多岬に、日帰りして来ました!

倉敷から佐多岬は、陸路ではおよそ800km。往復1600km。1人で車で日帰りは、不可能とは言えませんが、キツイだけで、楽しくはなさそう。少なくとも私は、嫌です。

では、どうやって?新幹線??

いいえ、飛行機です!!

今回のキテレツポイントは、

1. 佐多岬と雄川の滝と桜島に日帰り!

2. 関空〜鹿児島往復総額6830円!

3. レンタカー2018円免責込み!

4. 関空駐車場無料!

今年のNHK大河ドラマは、西郷どん。全く見てませんが。飛行機を予約したのは、1月のピーチ航空のセール(片道運賃2490円)で、この時は、単に、鹿児島の桜を見ようと思っただけでした。

しかし、今年は桜の開花が早く、倉敷でも既に散りかけています。鹿児島の桜は、とっくに終わってしまいました。

桜には間に合わない、ではどうするか?まず考えたのが、西郷どんゆかりの地めぐり。でも、歴史も大河ドラマも、それほど好きではない。

地図を眺めていて、佐多岬が目に入ると、「これだ!」

過去に一度行ったことはありますが、もうだいぶ前。

今年既に、日本の有人島最南端の波照間島に行っています。↓

www.botchikurashiki.info

端っこ好きの私の血が騒ぎました。本州最南端、行きたい!鹿児島空港から佐多岬は、およそ150km。よし行ける、絶対行く!

前日の夜、倉敷出発。日付が変わって関西国際空港の駐車場到着。車中泊しました。(日帰りじゃないじゃないか、というツッコミはナシでお願いします。)

関空は、空港内で夜を明かす人も少なくないようですが、私は、慣れた車中泊の方が快適です。

良く寝て、朝7:00関空発。ピーチ航空です。8:10、鹿児島空港に着きました。↓

そして、レンタカー。いつものように、軽自動車にするつもりが、こっちの方が安かった。↓

免責込みで、何と、2018円!!じゃらんnet経由で、ワンズレンタカーという店です。免責は普通1日500円はするはずだし、じゃらんのポイントがつくし、で、実質1500円しない計算です。

鹿児島空港から鹿児島中央駅までのバス代が、片道1250円なんですよ。激安!

ただ、安いだけあって、内外装共にボロかった。一応ちゃんと走ったので、私は構いませんでしたが、気になる人は、旅行のテンションが下がるかも、です。(鹿児島なのに帯広ナンバーなのは、本社が北海道だから、とのことでした。)

小型車ですが古いので、走りも最新の軽に負けます。N-BOXとは、勝負にならないレベル。N-BOXについては、こちら。↓

www.botchikurashiki.info

まず行ったのは、空港の向かい側すぐの、西郷公園。人物像では日本一の大きさという西郷隆盛像。迫力ありました。↓

続いて、西郷どんの宿。西郷隆盛が宿泊した旧龍宝家を復元したものだそうです。↓

西郷どんの湯。帰る前に入る下見のつもりでした。後述しますが、入浴する時間は、ありませんでした。残念。↓

この後、高速を使って、雄川の滝に向かいます。雄川の滝、ご存知ですか?大河ドラマ「西郷どん」のオープニングで使われているそうですね。佐多岬への道の途中、少し山に入った所にあります。私は、旅行前日まで知らなくて、どうしようか迷ったのですが、行ってみました。

これが大正解!素晴らしい!!!

写真より、実物の方が、数段いいです!

岩肌の崖がそびえ、緑散りばめ、繊細な滝が幾筋も流れる。水は薄い緑から深い紺にグラデーションを描く。清浄な空気に満たされ、まさに心が洗われて行く・・・。

そんな感じです。しばらく、ボーっと見ていました。口、ちょっと開いてたかも。

雄川の滝、強くオススメします!

でも、GWか夏休みに行こう、と思った人、ちょっと待って下さい。私から注意点を幾つか。

まず、展望所が二ヶ所あります。上流展望所は、上から見るようになるらしい。ナビ任せだと、そっちに案内されることがあるようです。現地の看板に従って、ここに紹介した方に行くのがいいと思います。

次に、ネット上の情報にかなり違いがある理由。2017年夏に、現在の展望台が完成し、その前後に道路の改良も行われたようです。最近も、駐車場が拡張されています。また、今年、大河ドラマのオープニングに使われて、すごく人出が増えています。古い情報を当てにしない方がいい。

私が行ったのは、2018年4月の平日ですが、30台収容の駐車場が半分以上埋まっていました。展望台にも、人がそこそこいました。↓

駐車場から20分位歩きます。アップダウンがあって、それなりに疲れます。でも、澄んだ川沿いで、そんなに苦になりませんでした。遊歩道入口に、杖が置いてありますが、普通の足腰の人は必要ないと思います。

それよりも、問題は、駐車場までの道路です。道案内の標識は増えていて、迷うことは無かったのですが、狭くて見通しが悪い道が続きます。

倉敷に帰ってから、雄川の滝の情報を改めて検索してみて、道路の改良工事をする、という情報があり、これからするんだ、と思いました。しかし、違いました。道路の工事は、もう終わっているみたいです。

あれで、改良してたの?!

行ったら分かりますが、なかなか大変な道路ですよ。

これでもっと人がたくさん来たらどうなるか?まず駐車場が満車になる。滞在時間が長い(遊歩道が片道20分以上)ので、駐車場待ちの車の列も長くなる。

すると、行き違いも難しい所が多い道路なので、帰りの車でも渋滞が発生して、駐車場が空くのにさらに時間がかかるようになる。

そして、大渋滞が発生する。

あくまで予想ですが、今年(2018年)のGW・お盆のお昼前後、人出が多い時間帯には、大渋滞の可能性高いと思います。

しかも、道路が狭いので、Uターンも難しい。渋滞で、これはマズイと思っても、戻れない。帰る日だと、飛行機・新幹線に間に合わないかも・・・。

時間に十二分に余裕を持って下さい!!出来るだけ、朝早い時間がいいんじゃないでしょうか。去年行った、北海道・美瑛白金の、青い池を思い出しました。↓

www.botchikurashiki.info

また、国道269号を走っているうちに、トイレを済ませて飲み物を買っておく必要があります。トイレは、駐車場に、仮設が5台ほどあるだけです。自販機無し。お昼近くだと、弁当も買って、渋滞したら車の中で食べたらどうでしょうか。遊歩道途中の川沿いで食べる手もあります。

さて、次はいよいよ、本州最南端、佐多岬です。

↑ 佐多岬駐車場からの展望。

↓ 駐車場にあった立派な木。

工事中の遊歩道を歩いて行くと、洒落た展望台が完成していました。絶景が見られます。はるばる来たぜ、と感じて、満足しました。↓

この後、錦江湾沿いの快適なドライブルートを通って、桜島に向かいます。途中、「日本最北端宗谷岬まで2700km」という看板が目に入りました。ここでも、去年行ったのを思い出しました。ホントに端っこ好きだなあ、俺。↓

www.botchikurashiki.info

桜島の有村溶岩展望所。ここは、大河ドラマのポスターに使われたらしい。↓

烏島展望所から。ここの下に、烏島が埋まっているとのこと。↓

なぎさ公園足湯。全長約100mで、日本最大級だそうです。足だけ出演の若い女性、「めっちゃ気持ちいい〜」と言っていました。↓

黒神埋没鳥居。高さ3mの鳥居が、1日でほとんど埋まってしまったそうです。凄い。↓

桜島って、思ってたよりずっと大きい。歩いて一周出来るんじゃないか、と思ってたんですが。車でも、結構時間かかる。それで、夕方になってしまったので、美しい夕陽を見て、↓

西郷どんの湯は、諦めました!それどころか、レンタカー返却時間20時ギリギリでした。

20:50鹿児島空港発、22:05関空着、の予定が、少し遅れて到着。

駐車料金を事前精算します。

ここで、KIX-ITMカードが登場。このカード、凄いんです。タダなのに、駐車料金が25%オフになります!

KIX-ITMカード|もっとおトクに、もっと素敵な旅になる一枚|関西国際空港・大阪国際空港

関空の駐車場は、6時間15分超~24時間まで、2570円。これが、KIX-ITMカードを入れるだけで、まず、1920円になります。

さらに、フライトポイント(関空利用片道10ポイント)を40(つまり2往復分)貯めると、それを使えば、この1日分の駐車料金1920円が、無料になるんです。はっきり言って、他のサービスは大したものがないと思うけど、この駐車料金割引は、大きい!2570円浮くんですから。関空利用する人は、絶対に作っておいた方がいいですよ!

私は岡山県倉敷市ですが、京阪神はもちろん、名古屋近辺からでも、今回と同じように、佐多岬に日帰り可能なはずです。雄川の滝の発見?により、魅力倍増のこのルート。車だと、名古屋から片道約1200kmらしいので、日帰りはまず不可能。関空からピーチ航空とレンタカーを使えば、たった一日の休みがあれば、行けます。いかがですか?