おひとりさま探検隊

おひとりさま・ぼっち中心の情報発信

ピーチ航空で仙台弾丸日帰り旅!

どうも、すいんきょです。

年末年始を挟んだため、ちょっと間が空きましたが、キテレツ旅、再開です!

キテレツ旅って??私が勝手に、自分のおかしな旅に名付けたものです。「キテレツ」という言葉、漫画・アニメのキテレツ大百科で知ってる、という人が多いでしょうか?「キテレツ」とは、漢字は「奇天烈」。非常に風変わり、という意味です。私が好きなように旅すると、自然に、他人から見れば「変な旅」になるようですので。

今回の「キテレツポイント」は、

  1. 関西国際空港から仙台日帰り

  2. ピーチ航空のセールで、往復運賃3000円(総額4850円)!

3. 駐車場無料!船がバスになった!?

先日、ピーチ航空のメールマガジンで、セールの案内が来ました。

比較的近い日にちの国内線のセールで、今から新たに連休取る訳にもいかないし、無理だよなー、と思いながら、どんな路線があるか一応見ていると、関空ー仙台線に目が止まりました。

朝出発して夜の便で日帰りでも、現地滞在約10時間。結構遊べそう。それと、実は今年、日帰りではないけれど、ピーチ航空で、関空朝出発・夜到着の旅行を複数計画しています。その下見にもなる。何より、私の平日休みに空席があって、片道何と運賃1500円(シンプルピーチ)!!

これは行くしかない!早速、予約しました。

運賃と税金と空港施設使用料にクレジットカードの支払い手数料まで入れて、合計4850円!大阪から仙台の往復ですよ。安い!!

出発便は、朝イチの7:25発は間に合うかどうかわからなかったので、2便目の、8:15発にしました。実は、ピーチ航空は、この時間前後に、鹿児島・石垣島・香港の出発便があります。それらの下見を兼ねて、です。朝の関空はどんな状況か?

しかし、倉敷から、ホテル前泊せずこの時刻に間に合うようにとなると、手段が限られます。岡山から関空へ、リムジンバスがありますが、始発でも間に合いません(関空7:55着)。関空まで車で行くのは、遠いし駐車場代がかなりかかります。

色々調べた結果、ベイシャトルにしました!神戸空港まで車で行って、そこから船(ベイシャトル)です。駐車場代が無料なんです!今回は日帰りですが、何日でも無料。今後も使うつもりで、その下見も兼ねています。

ところが、ベイシャトルは、何と強風のため欠航!前日に発表されました。関空まで車で行くことも考えたのですが、結局、ベイシャトルの代替バスにしました。ベイシャトルが30分のところ、バスだと90分。3倍の時間がかかるんですが・・・。まあ、これも経験。旅にトラブルは付き物です。代替バスの方が少しレアでしょうし。(代替バスは要予約)

出来るだけ安く、も私のテーマなので、山陽道を使わず、国道2号線から姫路バイパス・加古川バイパス・第二神明を通って、名谷パーキングで車中泊。夜なので、倉敷から約2時間半でした。午前1時に起きる自信があれば、車中泊は不要ですが、寝過ごすとアウトなので。↓

午前4時に起きて、神戸空港へ。ベイシャトル専用駐車場に止めます。空港の駐車場とは別なので、間違えないように。駐車券の無料化は、通常は船の中でするようですが、今回はチケット購入時にしてくれました。いずれにしても、駐車券を忘れずに。運賃は、日帰りは2460円。通常の往復は3000円で、ピーチ航空搭乗者等は200円割引があるようです。ベイシャトルは始発5:30なのですが、代替バスは5:00発。観光バス風の、これで行きます。↓

バスでは、寝てたら、関空に着いていました。早朝のためか、90分の予定が70分位でした。

↑ ピーチ航空は、第二ターミナル。セブンイレブンあるし、他にも飲食店やっていました。↓

この時間でも思ったより人がいますが、混み合ってはいません。結果論ですが、これなら、1便早い7:25でも、乗れました。

しかし今日は、搭乗前に、KIX-ITMカードを受け取る、という用事もあったので、余裕を持たせていたのです。このカード、無料なんですが、関空を利用するなら、作っておくとお得なんです。送ってはくれず、あらかじめ申請しておいて空港で受け取ります。

第二ターミナルでは、国際線の方にある案内所で、24時間受け取れます。奥にあります。↓

保安検査所を通ったら、KIX-ITMカードにフライトポイントを登録します。↓

さあ、出発です!

↑ 初ピーチですが、自分としては、「まあ普通」。これで十分、と思いました。

仙台空港から仙台駅には、仙台空港アクセス線という電車で行きます。片道650円。↓

電車に乗っている間、かなり雪が降っていたのですが、仙台駅に着くと、ほぼ止んでいました。↓

仙台駅西口のバス乗り場で、「るーぷる仙台」の1日乗車券を購入。620円。↓

るーぷる仙台は、仙台の主な観光地を、一周約70分、平日20分間隔・土日祝15分間隔で循環するバスです。1回乗車260円ですが、620円で1日乗車券を買えば、1日乗り放題。

↑ このレトロ調のバスで、まずは、伊達政宗が眠る、瑞鳳殿に行きます。バスは6回乗りましたが、結局、最初のこの運転手さんが一番面白かった。↓

瑞鳳殿は、空襲で焼失し、昭和54年に再建されたそうです。

↓ 瑞鳳殿参道。雪で、なかなかの趣き。

↓ 雪の瑞鳳殿。

↓ こちらは、二代藩主・忠宗の霊屋、感仙殿。

↓ 三代藩主・綱宗の霊屋、善応殿。

瑞鳳殿の後、るーぷる仙台で、仙台城跡へ。伊達政宗の騎馬像。↓

次は、大崎八幡宮。社殿は国宝です。

晩翠草堂。「荒城の月」の作詞者、土井晩翠が晩年を過ごした所です。↓

結局、るーぷる仙台で、仙台市内を2周しました。ゆっくり回っていると、けっこう時間が経ちました。

仙台は東北ですが、そんなに雪は積もらないそうで、今回、美しい雪景色を見ることが出来て、ラッキーでした。

この後、仙台空港に戻って、時間があったので、3Fのカードラウンジを利用してみました。↓

事前の情報では、カードラウンジが2つあるとなっていましたが、1Fの方のは、なくなっていました。ソフトドリンク無料ですが、種類は多くなく、食べ物は無し、トイレは外、で、イマイチでした。

ラウンジクローズの19:30まで粘って、帰りは仙台空港20:20発。少し遅れて、関空に着いたのは22時を大幅に過ぎていました。ベイシャトル代替バスは24時発。

忘れずに帰りの分のフライトポイントをKIX-ITMカードに登録して、24時まで第一ターミナルのマクドナルドで時間を潰して、代替バスに乗って。ベイシャトル駐車場に着いたのは1時過ぎ。倉敷に帰り着いたのは、4:30頃でした。

今回の交通費は、飛行機4850円+ベイシャトル代替バス2460円+仙台空港アクセス線1300円+るーぷる仙台620円、合計9230円。ガソリン代と、有料道路代を入れても、15000円位です。これで倉敷仙台往復出来ました!

疲れたけれど、遊んだ疲れなので、そんなに長引かず回復しました。休み1日だけで行けるので、弾丸旅、また行こうと思います!